GBTinternationalというFX取引会社を調査。

GBTinternationalというFX取引会社 というFX取引会社について記事にしていきます。

このブログ記事「GBTinternationalというFX取引会社検証結果」の執筆者

FX歴は10年以上多くの取引会社を利用してFX経験有り。

FX検定でも9ポイントを獲得。
※10ポイント/9ポイント
過去に数多くのFX会社をリサーチ経験有り
海外FX業者の見極めに精通

ラッシー
この記事の信ぴょう性
userimg
執筆者 ライフコーポレーションブログ事業部上田仁
当記事は、体験や実経験及び検証済みの知識を元に作成をして入念なチェックを行っています。

【検証ルール】仮説検証
当記事では仮検証を交えて実験や観察を通じてデータを収集し、予測した仮説の真偽を確かめる過程を通じて記事にしています。
万が一不明な点、誤りがありましたらお問い合わせよりご連絡を下さい。

GBTinternationalというFX取引会社は大丈夫なのか?

最近私のところでも このGBTinternationalというFX取引会社について質問が割と多く届きます。
すぐに詐欺とは言い切れませんが 詐欺の疑いが濃厚です。
https://gbt-int.com/company-info.html

この、GBTinternational そのものは金融ライセンスを所有しているという話ですが具体的な運用実態がありません。

どうやら調べると住所は私書箱の可能性も高いです。

GBTinternational住所

GBTinternationalの住所はパナマのようです。

Sea Meadow House, Blackburne Highway, (P.O. Box 116), Road Town, Tortola British Virgin Islands

もちろんパナマにあるから詐欺とは言えませんが住所を確認したところペーパーカンパニーあるいは、それ以下である可能性もあります。
検索をしても、詐欺という書き込みや出金できない被害者の声ぐらいしか存在せず、可能性としては取引を偽装し、資金が解ける仕組みかもしれません。

GBTinternational 出金できない。

どうやら私が調べたところ 取引業者、つまり送金業者が存在します。
私はこの送金業者も怪しいと認識しているのですが一体どこに送金をしているのか?です。
「私は送金を代行しているのみで分かりませんので直接、GBTinternationalに聞いてください」というような対応をしているそうですが、普通に考えれば関係性があるから代行しているのです。

ポジションが解消してないから出金できないという話

よく質問を頂く中では、ポジションが解消してないから出金できないという声を聴きますが実態は不明です。
この取引がEAなのかPAMMなのかMAMMなのか、正直不明なところですが可能性としては、取引などしておらず、預けたお金は最終的に溶ける方向性ではないのかと感じます。
既に多くの被害者も出ている様子ですから 既に送金してしまった場合はともかく送金してない場合は、送金しないほうが安全です。
また万が一送金業者を通じて送金した場合は、その業者の情報を収集し金融庁や警察などに相談することで解決に至る事もあります。
さすがにパナマまで確認しに行くのは大変ですが調べる限りでは私書箱のようです。

 

もちろん投資は個々の自由ですがFXトレードでこのようなFX会社を使うメリットは何でしょうか?

 

まずは自動売買などを検討する場合、必ずこのように所在地は確認してください。

 

何か質問などがあればコメントに書き込んでくださいね。

 

おすすめの記事