ワードプレス,レンタルサーバはどこを使えば良いか?賢いレンタルサーバ選び【初心者から中級者にお薦め】

ワードプレスを利用する時に必要な、レンタルサーバ選びについて解説をします。

 

これからワードプレスを使って、ブログをはじめたい!と言う初心者の方の中には、「ワードプレスで始めたい」と考えて次にレンタルサーバはどこを使えば良いか? このように悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

 

この記事は、ブログ初心者向け、今から「ブログをはじめたい!」という方向けのコンテンツで一番始めにリスクなく取り組む為のレンタルサーバ選び と言うテーマで書いてます。

 

  • ワードプレスでブログをはじめたいけど、どこのサーバが良いのか?
  • ワードプレスでブログをはじめたいけど、一番コスパが良いのか?
  • レンタルサーバって 結局どこが一番よいのか分からない。

 

これらの問題をこのブログ記事では全て解決します。

とくに初心者の方はSNSなどで高額サーバを契約しないように注意して頂けると幸いです。

 

このブログ記事「ワードプレス,レンタルサーバはどこを使えば良いか」の執筆者

レンタルサーバ会社10社以上と契約し本当にコスパに優れたレンタルサーバを研究。
実際に数多くのレンタルサーバを契約して使いながら容量や性能を分析し価格と照らし合わせて検証をしました。
その結果、利用用途にあわせたレンタルサーバの賢い使い方を発見し調査と検証を繰り返したデータを元にこのブログ記事を執筆しています。
初心者の人のレンタルサーバ選びに役立ちます。

ラッシー

 

長く続けられるか分からないブログの為に レンタルサーバも、できるだけ初期コストを抑えたいものですよね?

 

ただ安易にネットの情報ばかりを見て借りると、後で後悔することもあるんです。

 

ぱっと見て思う事ですが、「この人達、本当に借りて比較しているのかな…」という感じもするので レンタルサーバを無数に借りまくって独自ドメイン数は3桁超えている僕が 具体的に初心者が損しないレンタルサーバの選び方のポイントをシンプルに解説します。

 

○○のサーバがお勧め!などと紹介されたけど、思ったより高いな…と悩んでいる方も居るかもしれません。

WEBで見ても、殆どがアフィリエイト主体の記事だから 結構流されますよね。

 

この記事の信ぴょう性
userimg
執筆者 ライフコーポレーションブログ事業部上田仁
当記事は、体験や実経験及び検証済みの知識を元に作成をして入念なチェックを行っています。

【検証ルール】仮説検証
当記事では仮検証を交えて実験や観察を通じてデータを収集し、予測した仮説の真偽を確かめる過程を通じて記事にしています。
万が一不明な点、誤りがありましたらお問い合わせよりご連絡を下さい。

ワードプレス,レンタルサーバはどこが良いか? 結論 どこでも同じ

幾つか紹介しますが以下のようなサーバで色々WEB上では、論議している人が多いですが正直、言うと

ワードプレスでブログアフィリ…その程度なら、まずは価格重視で見る方が良いです。

 

  • いつまで続くか分からないから不安。
  • 本当に稼げるのか分からないから不安。
  • 時間があまりないので続けられるか不安。
  • 続かなかったら嫌だからコストを最小限に落としたい。

 

こんな人向け。

 

まず一番駄目なのは 長期契約することです。

 

「割安でお得」と言って月額単価が安価になるという理由で長期間のプランを借りたまま、結局心が折れてサーバだけ遊んでいる人も多い筈です。

 

月額単価が安くなっても使わない期間ずっと借りっぱなしなのは損です。

 

そして この中でも最安のプランでも 「乗り換えようかな」と考えるのは、ある程度うまくいってからです。

 

消費しきれないスペックのレンタルサーバを もしもの為に借りなくても 使うかどうか分からない期間も契約する必要ないので大丈夫です。

 

これが この記事の結論です。

そもそも同価格のサーバで体感的にそれほど大きく感じることはないと思うんですよね。

ラッシー
ラッシー
あんまり言うと反感を買うので言いませんが、僕とかめちゃくちゃサーバ持っているしワードプレスの数も半端ない数、開設してきているんですね。この僕が言うので 大差ないという点は、間違いないです。

 

しかもサーバによるスピードの誤差程度でSEOが有利になる事もありません…。

 

なぜなら、

  • そもそも国内サーバでワードプレス1個入れる程度なら体感的に変わりない。
  • 使い方次第で重くなる可能性は拒めないけど、体感的にどうでも良いレベル。
  • 表示速度の差がでても サーバの問題程度の遅延表示ならSEOなんて大差ない。
  • 読み手が離脱すると言われているけど、必要な情報なら待ってでも見る。
  • そもそも、遅いサイトでも早いサイトより上位な事は普通にある。
  • めちゃくちゃ遅くて500エラーが連発するようなサーバは国内では探すのが大変なレベル。
  • どの道アクセスが増えれば、共用サーバは移行するハメになる。専用サーバへの移動
  • しかしそんな果てしなく未来の事まで今は考える必要なし
  • ワードプレスの引っ越しは思う以上に簡単

 

記事でも僕が実際に利用している激安プランのサーバでさえも消費しきれてない事実を公開します。

ロリポップでもここまでワードプレス数を増やせられる!ライトプラン

 

そもそもな話、普通のアフィリブログの場合、そこまでアクセスが増えるなら どの道、共有サーバでは無理があります。

(帯域幅制限される)

というのも共用サーバは みんなで使うシェアハウスのようなイメージです。

レンタルサーバ は、シェアハウスのようなもの。

たとえばですね…どのようになっているか?と言えば、自分の借りているサーバを利用してる他の同居人を調べることは簡単にできます。

 

レンタルサーバ同居人を調べられるサイト

レンタルサーバ同居人

 

 

同居人の数が多いと当然重くなる。
同居人がたくさんの人を連れてくると重くなる。

というわけです。

サーバはパソコンとハードディスクみたいなものなので、みんなが一度に使うと重くなります。

 

これはどこのサーバでも同じ。

 

「早い 超高速」などと書かれているレンタルサーバも多いですが 同居人が多いとか、同居人のサイトがアクセスが多いとかリソースを食うと影響受けます。

 

なので、正直、どこでも似たり寄ったりで同じだったりします。

 

そもそも1000円クラスのサーバなんてそんなもので、安いわけですからそれなりです。

これはホテルとかと同じイメージですね。

「安いとそれなり」です。

 

そしてアクセスが増えてくると…

「負荷大きいから出て行ってくれる?」

みたいな話にもなります。

 

あるいは、

「もっとお金払ってくれないと割に合わないんだよね」

みたいなことになるんです。

 

もうそうなると 一軒家に引っ越すとか、そういう風なのが良いかもです。

 

とまあ、いきなり最初から このような事態になる事は、ありません😅

 

とりあえず メジャーなレンタルサーバを 幾つか紹介しますね。

ワードプレスに使えるレンタルサーバー一覧

この他にも色々ありますが 同じ価格帯のサーバは、殆ど同じようなものです。

数字的には、異なるような容量や機能ですが体感的には、同じかなと思います。

 

ロリポップ,レンタルサーバ

お値段安めのイメージのサーバ

使い勝手も良いです。

別途独自ドメインはムームードメインが必要です。

 

表示価格は36か月契約で、1か月単位で見ると ロリポップもすごく安いという事はないです。

別途独自ドメインはムームードメインが必要です。

ヘテムル,レンタルサーバ

こちらも 使い勝手も良いし とくに不満のないサーバです。

別途独自ドメインはムームードメインが必要です。

 

お名前.com,レンタルサーバ

コスパ的に短期間で借りるには良いサーバで、速度も速く Xサーバと体感的に何も変わりないと思います。

独自ドメインも同じお名前.comで取得できます。

 

利用者が少ないせいか かなり体感的に早く感じることが多いです。

しかも1か月単位で借りても、1000円程度で、まあまあ安いです。

 

ミックスホスト,レンタルサーバ

値段高め、アダルトOKのレンタルサーバです。

一般ジャンル、アダルトも可能なレンタルサーバです。

速度もとくに普通で一般サーバだけを見ると料金は、割高です。

そしてそんな早くないです。

正直言ってコスパ考えると利用しなくても良いかもです。

 

コアサーバー,レンタルサーバ

昔からあるサーバですが利用者少な目ですが そこそこ早いですが初回に初期設定費用が必要なのが難点。

短期間でも安価なサーバです。

バリュードメインでドメインの取得が可能です。

まずまず早いけど初期設定費用が必要なので、単月単位でみると、微妙かもです。

 

 

エックスサーバ,レンタルサーバ

アフィリエイトで利用するサーバとしては、かなり ド定番ですね(笑)

3か月~しか契約できません。

ロリポップのハイスピードプランの単月利用と月額料金は同じですが、初回に3倍必要になります。

良いという点では、他の共用サーバと 価格の差を考慮すると、どこまで何が凄いのか?と言われても、正直、言語化して説明ができないです。

 

 

カゴヤジャパン,

専用サーバの取り扱いもあります。

ワードプレス専用サーバは500円以下でもあります。

ただ長期的利用を考えると、サイト1個しか使えないので微妙かも。

ただ専用サーバプランなどもあるので個人的には 規模の拡大まで考えるなら良いと思います。

一度個人情報の流出で問題になりましたが、、、今は対策されています。(お詫びで、クオカード500円分が配布されましたね。)

 

コントロールパネルのデザインや構成は様々なので使い勝手という意味では、個人差もあるのですが、どのサーバも慣れれば同じです。

とりあえず この中でも初期のコスパと機能面、など全て考慮すると現時点では、

 

第一位は、 このレンタルサーバ がお勧めです。

 

エックスサーバや ミックスホストは、そもそも1か月契約できない為、アフィリエイトで紹介する人には、魅力ですけど、利用者目線、しかも 「挑戦してみよう」ぐらいの人であれば、不利です。

 

だって、、1か月未満で挫折率が4割以上あるブログですから。

 

次に価格の安価なサーバを借りると 容量やスペックが落ちるのではないか?という不安をお持ちの人も多い筈。

ですが 前述したように、早いとか言われるサーバでも重い事は普通にあります。

先ほどの共用サーバという理由です。

 

レンタルサーバの管理画面で行う作業は、6項目ぐらいなので使い易さは同じようなもの。

ワードプレスメインの利用者がサーバ管理画面内でやるべき事は、どこのサーバを使おうと以下の6個ぐらいしかありません。

  • 独自ドメインの設定 ⇒ドメイン追加の時のみ
  • メールアドレスの生成 ⇒ メアドを作る場合
  • SSL無料の設定 ⇒ドメイン追加時のみ
  • ワードプレスのインストール ⇒サイトを増やす時のみ
  • FTP情報の確認 ⇒初回に一度FTPツールに登録しておけば その後見ることは 殆どない。
  • 支払い管理 ⇒ カードの有効期限の間は 一度登録すれば見ない。

 

こんな感じですね。


サーバ管理画面は この作業が終わると殆ど何もしません…。

 

サービスによって微妙に機能とかサービスが異なるかもしれませんが、ワードプレスでブログを作る…という場合は、殆どが最初に SSLの設定とか独自ドメインの設定をして、ワードプレスの簡単インストールや、必要に応じてメールアドレスの作成程度、6項目程度でその他にサーバの管理画面にアクセスする機会すら少ない人が殆どだと思います。

 

レンタルサーバの使い易さ という部分も、比較対象で並べる人も居るのですが、その人が慣れているか慣れてないかだけで、初心者の人は、どこを使っても、同じ感覚だと思います。

だって初めての人は、全てが初めてなので、使い易いとか、まあ、関係ないかな…と。

体感的に少し感じるような重さは、気にしないでOK

あとは、サーバの速度についてです。

体感的に、遅い、早いと他のサーバとの違いを感じるようになるまでには、初心者なら だいぶ先ですし、利用するプラグインなどにもよりますが、ワードプレスでアフィリする程度の場合なら、今はどこのサーバもだいたい同じです。(というかどこのサーバも…共有サーバですからね)

 

よって 「お勧め」とか、個人の価値観レベルで変わるぐらいですね^^

 

使い慣れて使いやすいとか、その程度だと思います。

 

格安サーバでも、、最初は早いです。。

 

ただ明らかに異なってくるのは、ワードプレス以外のツールやシステムなどを導入する場合などでサーバの仕様によっては、動かない、などの問題が起こる事もあります。

 

ただ、これは、レンタルサーバ単位でも、

借りるタイミングで割り当てられるサーバによって、仕様が異なるせいで、動作しないなどの問題が出る事はあります。

最近ではパールのパスなどが変更になったりとか、そういうケースもありますよね。

これは同じサーバ会社の中でも違う仕様のサーバにあたる事もあるからですが、ワードプレスだけのユーザーには無関係な話です。

 

同居人の相性も含めて、どうしてもサーバは、当たりやハズレもあります。

 

つまりこう見ると、どこのサーバでも似たり寄ったりということです。

 

こういうと、何を基準に初心者はサーバを選べば良いか?とうと、僕はリスクない価格重視で良いと思います。

 

レンタルサーバの価格で決める 初心者の人は要重視

ドメインは1年契約必須ですので仕方ないとしても使いもしないアパートを無駄に借りたいという人は居ませんよね?

レンタルサーバも同じです。

レンタルサーバは良い環境が望ましい事は確かですが スペック表を見て選んでもそのスペックをMAXで使う事が無いから値段で選ぶ方が確実に良いです。

 

初心者の人ほど最初にサーバやドメインを借りる時に持つ不安は、

  • 本当に長く使い続けられるか。
  • コストを安く済ませたい。
  • 長く取り組めるかどうか心配だから最初は安くしたい

 

こんな感じだと思います。

 

たしかに見かけは安価なサーバがあるんですけど、 実際は3年契約でやっと記載の月額コストになるような話です。

 

つまり実は結構割高で、安価そうに見えても高いサーバもあります。

 

ここで大事な事は、消費することもないスペックや、使い続けるか分からないのに 長期契約をする必要が無いという事です。

 

レンタルサーバの紛らわしい値段表示と初心者が消費しきれない性能でサーバを選ぶ必要は全くないと思う件

感じた事がある人も多いと思うのですけど 月額利用料金…

ロリポップの料金を見る

ロリポップは、安いわ~と思うでしょ?

 

実はこの下部にある シュミレーターを見てみましょう。

ラッシー
ラッシー
あれ?550円の月額費用じゃないの?と思ったのではないでしょうか?

 

550円の倍以上の利用料金…。

実はこのサーバ、現在は、3年契約することで、やっと550円になる計算です。

 

 

初心者の人にとっては、冒頭でも伝えたように続けられるかどうかの不安があります。

 

3年で安く使えるのは嬉しいけど、心が折れるリスクもあるわけです。

 

逆に僕らのように 既に起業していて稼いでいる人は、コスパを考えると3年を選んで、今後もしもこのサーバが使わなくなっても、違う用途でいくらでも使える…そんな見込みがあれば 3年契約ですが 初心者の人は、ちょっとリスキーですよね。

 

先ほども少し触れたように初心者は格安サーバのスペックでも使いきれません。

ちょっとこれを証明する為に、、以下のデータをご覧下さい。

 

月額200円台のサーバでも20ドメイン分のワードプレスを稼働しても、体感的に同じだという現実

先ほども見せたようにロリポップのライトプランでも これだけドメインとワードプレスが入るのです。

そしてどれもワードプレスを入れて更新もしているんですよね。

何も問題ないです。

 

体感的にMIXHOSTと違いが分からないぐらい。

 

作業にストレスが出るほど遅い事もないし、
サイト表示が遅い事もないです…。
ただ このサイトよりは、遅いかもです。

 

月額220円のサーバでも 僕でさえMAX使いきれていないのに、初心者がその何倍ものスペックのものを借りてどうするのか?という話です。

 

確かに、サーバによっては、「わー早いなあ」と感じる事もあります。

『早いな』と感じるのは、ワードプレス内で読み込む時に感じます。

 

ワードプレスで重たいと感じる場面は限られているという事実

 

ワードプレスで何かを読み込む場面は、サイト表示以外で言うと、

  • ワードプレスにログインする時
  • 記事の新規追加をするとき、投稿や更新をする時
  • プラグインのインストールする時
  • 何かプラグインの機能やテーマ独自の機能を使う時。
  • 固定ページの更新や追加時

… このぐらいではないでしょうか?

ですよね。

 

多少速度感をこの辺で感じたところで1日に何回、読み込む作業やります?

しかも速さ的に何秒変わるのか…と考えると…かなり微妙じゃないですか?

 

そのような話になります。

 

ちなみに、ロリポップの、ハイスピードプランとライトプランのスピードの違いも、体感的には、分からないんですよね イマイチ、、、、。

ハイスピードプランも持ってますがライトプランのサイトとの違いを体感的に感じられないという…。。

 

ラッシー
ラッシー
こう見ると安いサーバでもそこそこ使えるって事になります。もちろんどのサーバを選んでも収益性には響きません。
ちなみにライトプランのサーバでも1サイト50万以上の利益を稼いでいるサイトがある事も事実です。

 

ちなみに、ヘテムル

 

ロリポップのライトプランの1サイトと、ヘテムルやエックスサーバ、ロリポップ推薦のハイスピードプランのサイト表示速度も体感的に 著しい差…とか感じません…。

 

もちろん全く同じアクセスなどの同タイミングでの計測ができないですが、普通にアフィリエイトするぐらいのレベルであれば、 その違いが見えることってあるのかな…というイメージです。

 

これは、iPhoneとかでもそうですが、やっぱり容量が多いと安心感はありますよね。

でもMAXまで使ってないし、1個下のものでも良かったな…という経験がある人も多いと思います。

 

これと同じイメージです。

 

こう考えると初心者の人ほど、短期間で見て価格が安価なサーバがお勧めじゃないですかね?

 

これに加えて もしもの場合には、簡単にワープレスのデータは、移行できます。

 

ワードプレスの投稿記事などは、サーバのデータベースという部分に蓄積されています。

 

ですから、移動したくなれば、サーバーのみを引っ越す事もできるんです。

 

だからこそ、最初はできる限り、出費を落として始めてから、考えても良い事です。

 

もちろん、その日が何年後に来るのか分からないですが、結構先の話になりそうです(笑)

 

レンタルサーバ選びの結論 続けられるか不安な人は、格安サーバ推薦

少し割高にはなりますが、ブログを続けるかどうか不安な人は格安サーバで十分です。

上記のようなサーバなら値段だけで決めれば十分です。

 

短期間で単月可能で、価格の安いところを選べばよいのです。

 

もちろんどこのサーバでも共用であれば他者の影響を受ける事は色々と出てきますから、どこが一番とかは無いですが値段を考えると、やはり、このレンタルサーバ が 数字を見ると良いかもです。(ただキャンペーンをしているタイミングとかだと、お得じゃない事もあるので、その都度借りる前にはすべてのサーバにアクセスして計算してみると良いです。)

 

どの道ドメインは1年契約なので仕方ないですが。

 

この先、アクセスが増えて、サイトがどんどん大きくなってきたなら、その時に専用サーバとかに移動すれば良いだけです。

今は簡単にサーバ引っ越しはできますので、最初から大規模なスペックに惑わされて決める必要ないです。

 

どうせ消耗しきれないですから(笑)

 

ただ、ある程度、腹が決まっていて1年、2年は腰を据えてやるんだ!という人においては、長期契約で安いプランを選んだら良いのかなと。

 

もちろん他にもコスパの良いサーバがあるかもしれませんが、ここで紹介した価格のラインより高いサーバは、見送ってOKだと思います。

 

結論だけ言うと、やはりここです

お名前.comが初心者には優しい
  • 初期費用無料
  • スピードも体感的に早い。
  • 長期割引率は低めだけど、単月では休め XサーバよりもMIXホストよりも安い。
  • 使い勝手は どこもほぼ同じ。
  • ワードプレスが続けられるか心配な人には、ベスト。
  • 1000円ポッキリで利用して本気でやるなら、後で長期プランを選んでお得に借りることも…。

余談ですが…

アドセンスだけが目的なのであれば、必ずワードプレスを使う必要もなく、無料ブログでもアドセンスは使えます。

 

この記事で紹介しています。

 

独自ドメインとサーバが無ければ、

Googleアドセンスはできない…というのは間違いです。

 

SNSなどではドメインやレンタルサーバのアフィリエイトする為に、誘導する人が多いです。

もしもそのようなSNSなどを見かけた場合は、このブログ記事を教えてあげて下さい。

 

何かありましたら、質問などLINEで受け付けているので気軽に絡んで下さいね🤗

 

ネットビジネスはレンタルサーバやドメインが無いと稼げませんか?

レンタルサーバは、ネット副業には必要不可欠なサービスです。

しかし必ずしもレンタルサーバが必要なビジネスばかりではありません。

 

 

 

以前にも紹介をしたような稼ぐ方では、レンタルサーバ不要でも、取り組んで収入を増やす事が可能です。

是非この機会にチャレンジしてみてください。

Originally posted 2022-10-16 13:56:00.

おすすめの記事